ホーム > 交通事故治療 > 交通事故の症状

交通事故の症状

交通事故による主な症状

交通事故による症状の中でも、最も多いケースがむち打ち症です。
むち打ちの原因は、交通事故に遭った際の衝撃で頭部が激しく揺さぶられ、首(警部)などに障害が発生することをいいます。

炎症程度のものから、神経に障害が及ぶものまで、その症状は様々です。
主な自覚症状
頭痛・めまい・耳鳴り・吐き気・首や腰の痛み・食欲不振・脱力感・コリ・ハリ・手足の痺れふるえ・胃腸等消化器系統の機能低下

交通事故による外傷は、捻挫や打撲、脱臼・骨折などを伴って関節の痛みやしびれ・だるさ等、手足の運動障害・感覚障害が自覚症状としてあらわれます。
上記症状の他にも、気になる点等ございましたら、お気軽にご相談ください。

首の痛み

交通事故で後部から車が追突した場合などに首に痛みが残るケースがよくあります。
その中でも、首の運動範囲以上に伸展、屈曲されることで、関節や靱帯、筋肉などが損傷し、首の痛みや肩の痛みなどが現れる頚椎捻挫型と呼ばれる症状が多くみられます。
首のこりや強い張り、違和感などの局部的な症状が特徴で、主に頚椎が衝撃を受けて頚骨が圧迫され、靭帯が傷ついて捻挫を起こした状態になることがあります。
この症状はむち打ち症全体の70%~80%を占めています。

手足の痺れやだるさ

交通事故による強い衝撃が原因となり、手足にしびれやだるさを感じることがあります。
症状が悪化している場合には、めまいや吐き気を感じるケースもあります。

寝返りを打つのを不快に感じたり、歯磨きをするのにも一苦労したりと、日常生活を送る上で何かとストレスを感じるケースが多い症状です。

むち打ちの症状の一つに神経根型と呼ばれる症状があります。
神経に対して大きな力が加わったことが原因となり、しびれ・脱力・手足が重いなどの症状が生じ、くしゃみや咳、首の回旋、首をそらすことなどで更に症状が悪化するケースもあります。

また、この症状は検査をすることで、問題のある部位を発見することができます。

耳鳴りやめまい

こうした症状を引き起こす原因には様々なことが考えられ、場合によっては交通事故による精神的ストレスによって起こる場合もあります。
バレ・リュ-症候群型
めまいを引き起こす原因にバレ・リュ-症候群型というむち打ち症があります。
この症状は、神経の緊張による動脈の萎縮が原因だと言われています。
中でも交換神経が崩れることは、うつ病やパニック症状の原因ともなりますので、交通事故による精神的ストレスにも関わってくる神経と言えるでしょう。

腰の痛み

むち打ち症が原因で引き起こる痛みのおよそ半分は腰痛にあると言われています。

むち打ち症による腰痛に関しては、未だ不明な部分が多いというのが現状です。
強度の外傷により腰痛を発症することはありますが、そのような原因が見当たらない場合でも、数週間後には腰痛に悩まされるといったケースもあるからです。

むち打ち症による腰痛の主な原因としては、急性的椎間関節捻挫が挙げられます。
外部から強い衝撃により、ギックリ腰と同様の症状があらわれます。

その他の症状

交通事故による症状は非常に多岐にわたります。
それは背中・肩・肘、関節や筋肉など全身におよび、それぞれに症状が異なります。
交通事故の直後は何も問題なかったのに、後になって症状が現れて来ることも珍しくありません。

症状改善のために、まずはしっかりとした原因の追及を最優先させるべきです。
病院でレントゲン検査をし、問題がないからと安心してはいけません。
交通事故の症状に関しては、レントゲン検査では写らない隠れた部分が最も大きなダメージを受けているといったケースが非常に多いのです。
その点、整骨院ではゆっくりと丁寧にカウンセリングを行い、色々な観点から症状の原因を探ります。
レントゲン検査で問題がなかったからと安心するのではなく、一度は整骨院で診療を受けることをお勧めします。


住所:
〒558-0023
大阪府大阪市住吉区
山之内1丁目26-15-102
受付時間:
午前8:00~12:00、午後16:00~21:00
休診日:
日曜・祝祭日・土曜午後

お問い合わせ 詳しくはこちら