院長ブログ

2017年4月 9日 日曜日

太ももの肉離れ

pic20170409115503_1.jpg

なんとか天気持ってますね。

前回あげた太ももの肉離れ、日ハムの大谷選手も、残念です。

今シーズンは足首を痛めたり大変です。

なんか故障する年ってかさなりますよね。

何故か…

皆様お気をつけください。

やがわ整骨院
矢川 忠俊
〒558-023
大阪市住吉区山ノ内1-26-15-102
06-4700-6688

投稿者 やがわ整骨院 | 記事URL

2017年4月 6日 木曜日

太ももの肉離れ やがわ整骨院

pic20170406110155_1.jpg

pic20170406110155_2.jpg

桜も咲き始めましたね。しかし週末は天気が悪そうで、残念ですね。
皆様いかがお過ごしでしょうか。
やがわ整骨院
矢川 忠俊です。

太ももの肉離れで来院されました陸上部のM君、一週間前に痛み出し、痛みが悪化してきたとの事です。

診させてもらうと太ももの裏側の筋肉と腱の移行部の辺りに痛みがあります。

ここはハムストリングの筋腱移行で比較的に肉離れの多く見られる場所です。

この場所以外ではハムストリングの下側の筋腱移行部があります。

走ったり、立ち座り、階段昇降、歩いても痛みがあるとの事です。

何故痛みが増して来たかですが、初めは筋肉の繊維の小さな断裂だったのですが適切な処置をせず運動を続けていたので、筋肉内で出血や浸出液が多くなった為に痛みが増してしまったのです。

ではどうすれば良かったかですが、RICE処置といってR安静、Iアイシング、C圧迫、E高挙を続ける事です。2日から3日は行う事が大切です。

小さな肉離れなどの場合、ピチッと感じたり、痛って一瞬なるのですが痛みが持続しないのでそのまま運動などを続けてしまい時間が立ってから痛みが増してきたり、一晩立って朝起きたら凄く痛くなってたりします。

しかしこの様な状態で足を引きづられ来院されるのですが、損傷は軽度なので治療期間は比較的短くて済む場合が多いです。

M君の場合も順調に回復しておりますが競技に完全復帰し、再発を予防する為に別メニューで運動強度を徐々に上げながらコンディションを整えていきます。

とにかく早めに来院していただければと、早期治
療早期回復です。

出来ない場合は、RICE処置をして下さいね。

お風呂とかでゆっくり温めないで下さい。悪化する事が多いかと。

やがわ整骨院
〒558-0023
大阪市住吉区山ノ内1-26-15-102
06-4700-6688

投稿者 やがわ整骨院 | 記事URL

2017年3月31日 金曜日

ふくらはぎ スネの痛み だるさ シビレ

pic20170331132014_1.jpg

pic20170331132014_2.jpg

やがわ整骨院の矢川 忠俊です。

雨で選抜高校野球流れましたね。初の大阪対決、楽しみです。甲子園は土曜日なので凄い観客数でしょうね。

先週から治療に来られている肉離れの患者さまのお話です。

他所でお薬だけ貰って様子を見ていたのですが、痛みが改善されないばかりか悪化して来たのとの事で、ネットで当院を見つけて来院されました。

診させていただいたら典型的な肉離れの症状で損傷部の圧痛と体重をかけて歩けないなどがありました。

それとおかしいのがふくらはぎ全体がむくんでいたり、損傷部の痛みだけで無く、全体が触れても痛みがあったり体重をかけたり、ヒザ裏や足首を動かしても痛いのです。

損傷してるのはアキレス腱との境目あたりなので膝を動かしても痛いとかないのですが。

なんかおかしいなぁと思いながら治療をし状態をチェックします。

むくみも全体的な痛みも減少していたので、歩いてもらいます。
だいぶマシですとの事で日常での注意点を説明し当分の間は通院してもらいます。

では何故この様な余分な症状があったかです。

かばいすぎで膝も足首も動かさない様にしていたからです。

その為、膝から下の血のめぐりが極端に悪くなってパンパンになって全体が痛くなっていたのです。

現在では急激に回復しておられます。

足であれ腰であれ何処が痛くてもかばい過ぎると回復が長引いたり悪化したりします。

女性にこの様な傾向が多く見られるかなと思います。

痛いからしょうがないでしょ!

そうですよね。

だから様子を見ないで痛い、重い、シビレてる、なんかいつもと違うとかありましたら直ぐ受診してくださいね。

早期治療早期回復です。

朝8時から夜は9時まで開院しております。

〒558-023
大阪市住吉区山ノ内1-26-15-102
やがわ整骨院
06-4700-6688

投稿者 やがわ整骨院 | 記事URL

2017年3月29日 水曜日

首の痛み 寝違え

pic20170329105840_1.jpg

少しお昼の気温が春らしくなってきましたね、皆様いかがお過ごしでしょうか。
やがわ整骨院の矢川 忠俊です。

さて間が開きましたが寝違え編の最後の神経に圧迫による痛みです。

これは元々、前回の首の骨の位置異常があったり高齢で骨の変性があったり椎間板という首の骨と骨の間にある軟骨が薄くなっていたりして神経を刺激し易い状態の方に起こり易い症状です。

首の骨の中には脊髄という神経の束が入っています。そこから椎間孔という穴を通って神経の枝が腕、後頭部、背中などへ伸びて行きます。

この穴の周辺が上記の様な原因があって狭くなっていたり、脊髄の周りの靭帯が分厚くなっていたりして刺激が加わり易い状態で、変な姿勢で寝ていたり、首を変に動かしてしまった時に発生します。


この場合の痛みは首だけではなく、神経が伸びていく先にもでますし、伸びていく先だけの時もあり、シビレとして出る場合もあります。

とにかく出来るだけ早く治療を受けに来て下さい。どうしよう一晩様子を見てみようとしていると治るのが凄く遅くなる事もありますよ。
早期治療早期回復です。

首のみならず、肩、腕、手、背中、腰、足、膝、何処か痛い、なんかおかしいと思ったら相談して下さいませ。

やがわ整骨院
〒558-023
大阪市住吉区山ノ内1-26-15-102
06-4700-6688
朝8時から夜は9時まで開院しております。

投稿者 やがわ整骨院 | 記事URL

2017年3月17日 金曜日

首の痛み 寝違え

pic20170317134146_1.jpg

pic20170317134146_2.jpg

日中の気温は上がって気持ち良くなって来ましたが朝晩の冷え込みはまだ冬模様ですね。
やがわ整骨院の矢川 忠俊です。
皆様いかがお過ごしでしょうか。

さて寝違えの続編です。

首の骨の位置異常です。首の骨は7つからなっています。頚椎と呼ばれています。

正常では前に緩くカーブしています。写真の①です。②は最近よく耳にするストレートネックです。③は後ろにカーブしている頚椎後弯です。

これらは、寝違えでなるものではないですが②と③があると寝違えやすくなったり、治り難くくなる場合もあるかと考えられます。

頚椎の位置が違うというのは2番目の図の①は横から見て頚椎が後方へ変位しています。②は後ろから見て右が上へ変位しています。③は後ろから見て左に回転しています。おおまかにはこんな感じにズレたり、これらの複合型もあります。

変な姿勢で寝ていたり、何かの力がかかって、首を動かした際にこの様な状態になった場合には1回か短期間で回復する事が可能です。

長期間かかってこの様になっていたり、ストレートネックや後弯があったり、頚椎の変形、ヘルニア、神経や脊髄周囲の変性があると回復期間や治療も難しくなる可能性が高くなります。

「あっ」首が動かない、痛いとなったら直ぐ来院下さいませ。早期治療早期回復です。

首の痛み、肩の痛み、腕や肩のシビレでお困りの方は直ぐ来院下さいませ。

朝8時から夜は9時まで開院しております。

やがわ整骨院
矢川 忠俊
〒558-0023
大阪市住吉区山ノ内1-26-15-102
06-4700-6688

ちなみに絵がド下手ですいません。

投稿者 やがわ整骨院 | 記事URL


住所:
〒558-0023
大阪府大阪市住吉区
山之内1丁目26-15-102
受付時間:
午前8:00~12:00、午後16:00~21:00
休診日:
日曜・祝祭日・土曜午後

お問い合わせ 詳しくはこちら