院長ブログ

2014年2月28日 金曜日

首、肩の痛み、障害


スマホ症候群って聞いた事ありますか? 最近マスコミでもチョコチョコ取り上げられていますが。

以前、私も恥ずかしながらガラ携からスマホに変えて罹ってしまいました...

症状は、首や肩の痛みや凝り、頭痛や腕のシビレなどが出現してきます。

わたしは、首から後頭部にかけての痛みでした。

長時間スマホやタブレットを下を向いて使用していると、背中が猫背になってしまい血流が悪く首から後頭部、肩にかけての凝りや痛みが酷くなりますし、首の前の筋肉や腕から胸にかけての筋肉も硬く収縮して腕のシビレや脱力感に繋がります。

スマホを使用する時は顔の前に持ってくるか、出来るだけうつ向きにならないよう自然な背中のカーブを維持して使用して下さい。また身体に違和感を感じてきたら、首まわりや肩の体操、ストレッチをしたり、目を休めるようにして下さい。

首 肩コリ ムチ打ち 手足の痺れ 腰痛 膝痛 スポーツ障害 背骨 骨盤の歪み etc
交通事故 労災 各種健康保険取り扱いしております。

やがわ整骨院
南海高野線我孫子前駅より東南へ5分
浪速高校の北側へ1分
午後9時半まで受付しております

お気軽にご相談下さいませm(_ _)m

投稿者 やがわ整骨院 | 記事URL

2014年2月21日 金曜日

ソチオリンピック


浅田真央選手、ショートは予想外の順位でしたが、フリーで素晴らしい滑りを見せて頂き感動しました。

涙ぐみました。

ありがとうございました。

また、竹内選手もおめでとうございます。自分も狂ったようにゲレンデに行ってましたので、スキーやボードのアルペン競技でオリンピックのメダリストが出現するなんて本当に感慨深々です。

フリースタイルではワールドカップやXゲームで好成績をあげている選手はいましたが、アルペンではなかなか欧米の選手にコンスタンスに喰らいついていけませんでしたので。

最近、ゲレンデ人口も最悪の状態から、業界の方が色々と試行錯誤された事が実り、Uターン組が増えているようです。オリンピックを見て新たに雪山に出かける方々が増えていけば良いですね。

ちなみにスキーやボードでケガされた方、是非やがわ整骨院に治療に訪れて下さい。また、競技に出場されている選手も全力でサポートいたします!

交通事故、スポーツによるケガ、日常でのケガ、むち打ち、腰痛、50肩、腕・足などの痺れ、身体の歪みでお悩みの方はお気軽にご相談くださいませ!

やがわ整骨院 南海高野線 我孫子前駅より徒歩五分 浪速高校北側へ1分ほど
夜9時半まで受付しています。

投稿者 やがわ整骨院 | 記事URL

2014年2月14日 金曜日

骨盤や脊椎の歪み


色々な生活習慣や、ケガの後遺症、お産などがが原因になって身体の歪みが発生します。

生活習慣などによる歪みなら、姿勢や脚の組み方、鞄の持ち方、テレビやパソコンを見る方向などを変える事で、ある程度は修正することが出来るでしょう。

なかなか癖を直す事は出来ないですが…

様々な原因で身体の歪み、日常生活に支障がある場合は治療がが必要になってきます。

身体の歪みにより痛み、シビレ、凝りなどが発生してきます。治療では、まず問診しながら身体の解析をし、症状が出ている部分から原因部分まで症状にあった治療を行っていきます。

電気治療が苦手な方でも微弱電流や超音波や光線療法などビリビリ感の無い治療機器もあるので安心して治療を受けていただけるかと思います。

手技療法では、重点的に骨盤の歪みを修正していきます。なぜなら身体の土台となっている部分だからです。

骨盤の歪みの原因になっている筋肉にアプローチし、脊椎の捩れや傾きを解消するよう緩めていきます。また症状が腕や脚に出ている場合は
そちらも治療していきます。

全体の治療が終わってもう一度、歪みや関節の動きをチェックします。ある程度、身体の捩れや傾きや動きの悪い部分が取れていれば良いのですがそうでなければ、その場所をもう一度アタックします。

一度で解消する事が出来れば良いのですが中々そう上手くいきません。早期に治療に来られた方なら数回で快方に向かいますが、長期間にわたって拗らせている患者様では根気良く治療を受けていただく事になります。

とにかく何か身体に違和感を感じたら早期に受診して下さい。これが一番の回復への近道です!

交通事故、スポーツによるケガ、日常でのケガ、むち打ち、腰痛、50肩、腕・足などの痺れ、身体の歪みでお悩みの方はお気軽にご相談くださいませ!

やがわ整骨院 南海高野線 我孫子前駅より徒歩五分 浪速高校北側へ1分ほど
夜9時半まで受付しています。

投稿者 やがわ整骨院 | 記事URL

2014年2月 6日 木曜日

骨折 2


足首の捻挫と思って来院された患者様で剥離骨折してるケースが結構あります。

捻挫の場合は靭帯が損傷するので外くるぶしの下周辺から小趾の方に向かって腫れますが、外くるぶしの下の剥離骨折の場合は外くるぶしの下半分が腫れているだけの場合があり、患者様ご自身は大した事はないだろうと思って来院されるのですが剥離骨折とわかってビックリされたりします。

また、そのうち治るだろうと放置され1ヶ月
程たって腫れと痛みが引かないので 来院される患者様がおられるのですが、骨癒合が難しく後遺症が残る可能性が高くなります。

もし受傷されたら氷袋を作って冷却し出来るだけ安静にして来院していただけるようお勧めいたします。受傷後速やかに処置を行いギプスシーネやテーピングで固定してしまう事が早期の回復への近道となり、後遺症が残る可能性も低下します。捻挫の場合でも同様ですよ。

交通事故、スポーツによるケガ、日常でのケガ、むち打ち、腰痛、50肩、腕・足などの痺れ、身体の歪みでお悩みの方はお気軽にご相談くださいませ!

やがわ整骨院 南海高野線 我孫子前駅より徒歩五分 浪速高校北側へ1分ほど
夜9時半まで受付しています。

投稿者 やがわ整骨院 | 記事URL


住所:
〒558-0023
大阪府大阪市住吉区
山之内1丁目26-15-102
受付時間:
午前8:00~12:00、午後16:00~21:00
休診日:
日曜・祝祭日・土曜午後

お問い合わせ 詳しくはこちら