院長ブログ

2017年3月15日 水曜日

首の痛み 寝違え

やがわ整骨院の矢川 忠俊です。
花粉が大量に飛散し出しましたね。その割りには花粉症がマシやなぁと思ってましたが昨日より遂に喉や鼻がやられました。

皆様、なんとかこの辛い季節をやり過ごしましょう。

以前も首のシリーズを載せてましたが、1番なり易い寝違えを入れてませんでしたのでその事について書いてみます。

寝違えにも原因が数種類あります。
筋肉や筋膜による痛み
首の骨の位置異常による痛み
神経の圧迫による痛み
などがおおまかにはあります。

今回は、筋肉や筋膜による寝違えについて、変な姿勢で寝ていたり、片肘ついてテレビなんかを長時間観ていたり、首や肩周りの筋肉の使い過ぎ、またはデスクワークなどを長時間していたりという理由などが考えられます。

なる時は一瞬ですよね。経験された方は分かりますよね。なにげない動作で「あっ」て感じで首が動かなくなります。
これは上記の理由などにより、首周りの筋肉の血のめぐりが悪くなって、疲労物質などが沢山たまり内圧が高くなっていたり、炎症がおこっていたり、筋肉や筋膜が小さい力で傷つく事で発生します。

軽症でしたら動かなければ痛みはあまりないですが重症の方はじっとしていても痛いですし頭痛やチョットした振動でも響く場合があります。

治療はアイシング、痛みを和らげる効果のある周波数での電気治療や超音波治療、マッサージ、バイブレーション療法などを施します。内圧が上がっているだけと判断できる場合は、冷やすのでなく温めたり首の牽引をする場合もあります。

医療機関に行く前に、ご自分で処置をする場合は、アイスノンや保冷剤などで冷やして下さい。決してお風呂に入ったり温めないで下さい。これは、温めると神経などの興奮は静まり痛みを和らげる効果があるのですが、逆に患部より炎症物質が出て後に悪化するからです。
冷やすのは20分までにして下さい。それと繰り返す場合は、1時間は開けて下さい。冷やす時間が長過ぎると凍傷になったり、治す力を低下させるためです。

治療期間は軽症では1日ですむ場合もありますし、重症や他の原因が絡んでいる場合は長期化する場合もあります。

出来るだけ早く治療にお越しください。それと出来るだけ密に通院してもらうと早く治ります。早期治療早期回復です。

朝も8時から、夜は9時まで開院しております。
やがわ整骨院
矢川 忠俊
〒558-0023
大阪市住吉区山ノ内1-26-15-102
06-4700-6688







投稿者 やがわ整骨院


住所:
〒558-0023
大阪府大阪市住吉区
山之内1丁目26-15-102
受付時間:
午前8:00~12:00、午後16:00~21:00
休診日:
日曜・祝祭日・土曜午後

お問い合わせ 詳しくはこちら