院長ブログ

2017年3月 9日 木曜日

交通事故 骨盤 背骨の歪み

やがわ整骨院の矢川 忠俊です。花粉などの微粒子がキツくなって来ましたが皆様如何お過ごしでしょうか。
私は、まだ酷い症状が出ていませんが今年は4〜11倍も花粉が飛散するらしいのでドキドキしております。

今回の交通事故のお話しは、自転車に乗っていて車に接触され転倒せず踏ん張った患者さまの経過について。
これは事故に限らず転倒しそうになった時、素直に倒れた方が負傷が軽く済む場合が多々あります。

今回は、2つの例を挙げて書いてみます。
1つは、前方を横切った車に接触され必死で片方の足で踏ん張って腰から太ももを痛められ来院されました。
このケースでは腰や太ももの筋肉や靭帯が急激な力が作用した事により損傷を受けました。
早期より治療を始める事が出来ましたので三か月程で回復されました。痛みが強かったのは2週程でした。

事故の場合、日常生活やスポーツなどの怪我と違い回復途上で症状がぶり返したりという事がたまにありますし、痛み具合がチョット違ったり不定愁訴があちこちに出たりします。予期せぬ力が作用してるからなんでしょうね。

この患者様は治療にしっかり取り組んでいただけたので後遺症もなく経過観察しておりますが良好な状態を保たれています。

問題なのは、別の患者様です。2年程前に交通事故に遭われ後遺症に苦しまれての来院です。

マンションから飛び出して来た原付と接触。やはり倒れず踏ん張ってしまったそうです。
当時、適切な治療を受ける事ができず、時間と共に首、肩、腰、股関節、膝などに痛みや違和感などが出て来ての相談です。

身体を診察させてもらいましたら骨盤は歪み背骨も縦方向や横方向にもカーブが狂ってしまっておられました。

交通事故に限らず何処か怪我されたり不具合が発生すると身体は痛みを防御する為に、痛みを和らげる姿勢を取ります。これが長期間続くと骨盤や背骨のカーブが狂って色々な障害が発生します。

2年程たっているので結構大変な事になっておられました。
早期に治療に来院されてたら骨盤や背骨の歪みも最小限にとどめ苦しまれる事なかったのに、ガンではないですが、早期発見早期治療です。
怪我や身体の不具合は、様子を見ていた為こじれる事がほとんどです。その日のうちです。アスリートなんか違和感がって事で治療と別メニューのトレーニングしてるでしょう。受傷スグ治療に入るのと1日遅れる事で回復するまでの時間があからさまに変わってくる事もあります。
だからプロ選手は速攻で治療に入るのです。

チョット長くなって来たので続編でとさせていただきます。すいません。

当院、夜9時まで治療しておりますので仕事や部活で遅くなる様でしたら相談して下さいませ。

やがわ整骨院
矢川 忠俊
〒558-0023
大阪市住吉区山ノ内1-26-15-102
06-4700-6688



投稿者 やがわ整骨院


住所:
〒558-0023
大阪府大阪市住吉区
山之内1丁目26-15-102
受付時間:
午前8:00~12:00、午後16:00~21:00
休診日:
日曜・祝祭日・土曜午後

お問い合わせ 詳しくはこちら