院長ブログ

2017年3月 6日 月曜日

交通事故 むち打ち損傷

pic20170306140420_1.jpg

pic20170306140420_2.jpg

交通事故などで反射的に首を守る為に筋肉が緊張しておこります。衝撃の大きさによって筋肉や靭帯が部分的に断裂している場合があります。

症状は、首や肩や肩甲骨にかけての痛み、腕への痺れや痛みが挙げられます。

治療は、痛みを和らげる周波数での電気治療や超音波治療法、マッサージなどを行います。強度の痛みがある場合は頚椎カラー(コルセット)をはめていただく事もあります。

また、長期間の安静は症状を長引かせる原因となるので2〜4週間したら日常生活でも出来る範囲で動かす事とストレッチなどをしてもらうのが早期回復に役立ちます。

余談ですが最近では過失割合の算定が厳しくなり特に前方や側方からの衝突では、ぶつけられ損になる様です。

以前、来院された患者さまはパトカーに追跡されている車に斜め前方より衝突されお身体に数カ所の怪我をされた上に車は全損、しかし過失割合が低く憤慨されておられました。

あってはならない事ですが、必死で止まらなければいけません…
それも危ないですが…
皆様お気をつけ下さいませ。

やがわ整骨院
矢川 忠俊
06-4700-6688



投稿者 やがわ整骨院


住所:
〒558-0023
大阪府大阪市住吉区
山之内1丁目26-15-102
受付時間:
午前8:00~12:00、午後16:00~21:00
休診日:
日曜・祝祭日・土曜午後

お問い合わせ 詳しくはこちら